資料請求
在校生
保護者の方へ
卒業生の方へ

明の星について

About

学校長からのメッセージ

校長 笹木 正信

理事長 島村 新

 本校は、今年で学校創立84年目を迎える中高一貫教育を担うカトリックミッションスクールであります。また、本校は学校創立以来77年間に亘って女子教育を担って参りましたが、時代の要請に応えるべく、7年前に男女共学校として文武両面に亘る新たな歴史と伝統を築かんと、教職員一丸となって鋭意努力しております。
本校では、生徒が、学ぶ喜びと自らの成長が実感できるような教科指導の工夫に努める傍ら、何ごとにも積極果敢にチャレンジさせるなど、旺盛な向上心を育んでいます。
近年の公・私立難関大学への合格者数は目覚ましく、男女共学校になって以来、特別進学コースを中心に国公立大学合格者が急増し、これまでの4年間で93名を数えるなど今や県内私立17校の中でもトップクラスに至っております。また、私立大学においても、進学教養コース生をはじめ、英語科生の健闘は目を見張るものがあり、上智大、中央大、国際基督教大、立教大、南山大、明治大、法政大、青山学院大、立命館大、津田塾大、同志社大、獨協大、聖心女子大等の他、2年連続で海外大学への進学も果たしております。
一方、就職に関しても、北海道警、青森県警、岩手県警、東京消防庁、自衛隊、日本郵便(株)など、幅広く自分の夢を実現する生徒が増えてきております。
なお、本校では昨年度から、就職希望者に対して1年次からインターンシップを数回体験できる体制を整えている他、青森市にあるビジネススクールとの連携の下、年間3~4回にわたる講義を実施しながら、社会人としての礼儀、作法はもとより、経済や商品流通のしくみ等を学ばせています。
また、中学校では、グローバル社会の進展を見据え、将来、世界を相手に活躍する真の国際人となるためには、日本人としての自覚や誇りを持つと同時に、日本の精神文化や伝統的な生活文化等を理解する必要があることから、授業の中で、茶道、華道及び箏曲の稽古を通して日本古来より伝わる所作や礼法の習得を図っている他、コミュニケーション能力の育成にも力を注いでいます。更には、本物に触れる体験学習を積極的に取り入れるなど感動体験を重視しています。