資料請求

明の星について

About

校訓・あゆみ・沿革

校 訓

校訓「正・浄・和」は明の星学園訓でもあります。学園が授けたいと願う教育内容を表した言葉で、新約聖書マタイ福音書第5章の「山上の説教」にあるキリストの教えに基づいています。

ただしく

自分と他者の善を望み、
社会の共通善として
正義を求めること。

きよく

自らを律して、
真に自由な、
浄い心の状態を保つこと。

なごやかに

自分ひとりで歩むのではなく、
喜んで他者に関わり、
和やかに助け合って生きること。

明の星生としてのプロファイル

校訓「正・浄・和」の理念から、建学の精神を具体化した生徒像

愛と奉仕の精神をもち、神の前に敬虔で従順であること(正・浄・和)

他者を思いやり、共に喜び感謝する心をもつこと(浄・和)

自らを律して、自分と他者の善を望み、浄く正しく生きること(正・浄)

グローバルな視野をもち、聡明であり、品格を保つこと(正・浄・和)

あゆみ

明の星学園は1853年カナダのケベック州ニコレットに、カトリックの女子教育を目的として創立された「聖母被昇天修道会」がルーツです。
1934年に青森市に5人の修道女が派遣され、1937年から教育事業を開始しました。

校名「明の星」について

明け方の東の空に輝く金星は、明けの明星と呼ばれ、昔から船の航路を導く星として親しまれてきました。キリストの母マリアを「明の星」と称え、その導きを願っています。校名の由来はここにあります。

沿 革

1934年

カナダの聖母被昇天修道会から5人の修道女が青森に着任

1937年

青森技芸学院開校

1947年

青森明の星中学校併設

1948年

学制改革により青森明の星高等学校となる

1968年

音楽科・英語科設置

1974年

カフェテリア(食堂)体育館落成

1985年

新校舎落成

1987年

全天候型グラウンド完成

2007年

創立70周年

2008年

青森明の星中学校開校

2011年

体育館改修工事竣工・柔道場完成

2013年

法人理事会で男女共学化を決定

2015年

男女共学化・音楽科募集停止